忍者ブログ
イラスト置き場。
[81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だいぶ間が空いてしまいましたが、推理Part3
まとまってないので保留にしてたんですが、『うみねこの鳴く頃に・散』の発売も近いことだし書いておこうかと。

アニメも始まったしね!
アニメといえば、あいかわらずハイスピードで進行してますが、正直EP1はプロローグみたいなものだと思うので、あれでいいとしても、EP2からはじっくりやってほしいなぁ。(長いプロローグだね)
でも原作知らないとなにがなんだかわからないよね、あれじゃ。

以下、漠然と思ってる事ナドナド

○マリア

・筆跡
メッセージボトルにかかれた別人物でのマリアの署名。
マリアの日記に書かれた、マリアの筆跡とは思えないしっかりした文字による魔方陣やベアトの署名。

多重人格によるマリアのベアト人格。
多重人格で変わる事は24人のビリーミリガン等でも有名。
マリアの魔法『幸せの世界』は、イヤな言い方すると現実逃避であり心の殻を作ること。
まあクドクド説明するまでもないと思いますので飛ばします。

・犯人の可能性
上記が正しいなら、メッセージボトルはマリアが書いた事になってしまうが、それが直接犯人につながるわけではない。
エンジェの視点をあてはめると、それは話の筋道を借りてるに過ぎないし、そもそもマリアが犯行のために書いた根拠がない。
別人がマリアの日記かなにかを使ったのかもしれない。

犯行と関わりというか、計画自体は知っていた可能性はあると思ってます。
EP3以外全て最後のほうまで生き残るし、EP3ではベアトに殺害されるシーンで
ベアトは黄金卿に連れて行けないことを謝っています。
幻想パートではありますが、なんらかのヒントのように感じるのです。


○バトラ

・出生に関するアレコレ
18年前霧江と明日夢は同時期に妊娠、同じ日に出産予定日。
霧江は流産し、明日夢はバトラを産む。
誕生日は7月15日。(謎の番号07151129と絡む)
この年ジェシカも生誕。(思わせぶりだね)
バトラは明日夢の子では無いが金蔵の孫と赤字で証言。
この赤字で金蔵とベアト(誰か)の直接の子でもない事を証明している事になる。

ベアトは明日夢から産まれた子ではないとは言っておらず、明日夢の子ではないと発言。
つまり関係ではなく血のつながりを指している。
それをふまえて

バトラ赤字『縁寿は・・俺の妹だあ、言えた』
エンジェ赤字『早く帰ってきてお兄ちゃん!!!私を独りぼっちにしないで!!』

これが成り立つのはエンジェとの血の繋がりを示している。


・霧江と流産
流産とは妊娠21週までの時期を指し、それ以降は早産・死産となる。
流産の大多数は妊娠初期の12週未満(3カ月以内)に起こることが多く
また、流産は妊娠と気づかず流産している場合もある。
初期の流産は受精卵が少量の血と共に体外にでてしまもの。
最終月経日から出産予定日を出す事はできるが、月経周期や赤ちゃんの大きさ等で変化する。

本当に流産したの?と思いざっと調べて見ましたが、どうなんでしょうね。
出産予定日がどうのとか、わざわざ<幻想パート中>での嫉妬の強調とかが怪しかったのですが
現状じゃ怪しい程度しか言えませんね。
ちなみに私自身は出産予定日より一ヶ月近く遅れて産まれたそうです。


・バトラの不審な点。
EP1冒頭、見違える程なんちゃら、まるで別人みたい。

必ず最後まで生き残る。

異常なまでの乗り物に対する恐怖感。

成長期を迎えるまではクラスでも真ん中、それがあれよあれよと180cm。
筋トレと筋肉増強剤のおかげらしい。・・・筋肉増強剤?

ひと目見てジェシカとはわからなかった発言。
だが6年前の記憶、3歳時のマリアの記憶やジェシカの言葉遣いの記憶はある。
その程度の事なら誰かからの又聞きでもわかるとも言えるがどうか。


○エンジェ

・出生のアレコレ
10月4日時点で6歳=誕生日はそれ以前、謎の番号に絡まず。

時間軸で書くと
霧江、婚約者がいる状態でエンジェを身篭る

エンジェ生誕

バトラ親族会議に出席

明日夢死亡、霧江、スマデラ家を出てルドルフと結婚

バトラ、家を出て明日夢の親族の家へ

霧江はスマデラ家に在籍して婚約者がいる状態でルドルフの子を出産している。
霧江がエンジェを出産してルドルフと結婚するまでにだいぶ間がある。
スマデラ家のことを考えると、この時点で殺されててもいいと思うんですが。


・グレーテル
唐突すぎて名前に裏があるだろとしか思えません。
子供向けかどうかで内容が変わったりしますが、ヘンゼルとグレーテルの関係ありそうなところをト書き。

ヘンゼルとグレーテルは貧困(食料飢饉)により捨てられる。

お菓子の家にたどりつき、ヘンゼル捕らえられる。

グレーテル、ヘンゼルを救うために魔女を殺す。

別verでは魔女の家で魔法を習得したりもする。

最後は魔女の宝を手に家に帰りハッピーエンド。

とりあえず中3行は当てはまるのですが、1行目はどうでしょうね。


・ベアトと魔法と
EP4で幻想世界での黄金卿でのシーン。
さくたろを蘇らす事のできないベアトを否定し、本物の魔女は宇宙創造を1人で出来ると言う。
そしてさくたろを蘇らすのですが・・・黄金卿はベアトの独壇場の世界であり
ベアト以外の魔法は存在できないと言っている。
矛盾しまくりなんですが、以前に述べたエンジェの視点説をあてはめるなら
この黄金卿もエンジェの脳内世界で起こっている事であり、それを捻じ曲げることが出来る。
魔法の力の源が信じる心ならば、エンジェがそう信じ込むに足る根拠があれば好き放題できる。
ちょっとだけエンジェの視点説の根拠になるかな?


○その他怪しい点

・これは突っ込んじゃいけない所かもしれないが、スマデラ霞がエンジェをさらってお金ゲットとか
いくらなんでもとか思うんですけど。
霧江が憎かったからエンジェを死なすってのもどうかと思うんですけど。
どうもスマデラさんの動機は、現在の情報だけだと納得できない。

ありえる可能性としては、スマデラ家が金蔵に黄金を貸し与えた初代ベアトの家系。
エバは碑文を解いたがエンジェは解いてないので利子回収。
もしくはエバ自身も黄金はゲットしたが黄金卿には辿り着けておらず(全ての謎を解いておらず)
それ故の利子回収。
エバが過剰に身辺警護をしたのはそれを防ぐため。

・・・これだと事件当時スマデラ家の何者かが六軒島にいた事になり、微妙なので保留。


・ローザが九羽鳥庵のベアトを死なせてしまった云々と、漁船の輸送が止まった時期が一年ずれてる。
つまり九羽鳥庵ベアトは生きていた可能性が非常に強い。

・EP4カオンの死亡時期に対しての赤字
『霧江たち5人の中で、一番最初に死亡した。つまりは、9人目の犠牲者というわけだ。』
EP1カオンの死亡についての赤字
『嘉音は事故死ではない!』
もし各EP共通なら、最初の犠牲者6人よりも以前の他殺・自然死の可能性。

・最初の犠牲者は6人。
六軒島にある最強凶器ウインチェスターの装弾数4+1。
あからさますぎて釣りくさいけど、つまりは複数犯の示唆。

・名前を受け継いだ者をそうと認識。
それを立ち絵までまかり通すならば、そもそも全員が成りすましの可能性が出てくる。
ベアトに赤字で『ゲームスタート時に金蔵を除く全員が生きて六軒島に存在した』
と宣言してもらわないと、どうにもならない気になってきた。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
にんじん
自己紹介:
色々とストライクゾーンが広くて困ってます
最新記事
最新TB
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI