忍者ブログ
イラスト置き場。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

○複数のベアトリーチェ
ベアトは様々な側面を持っていて、そのせいで色々と混乱しますよね。
ぐちゃぐちゃになるので、ならそのまま受け入れようってお話。

金蔵に黄金を授けたベアト。
ローザが幼い頃に出会った、隠れ家に住んでいたベアト。
マリアの理想の魔女&友達としてののベアト。
郷田が他の家具から聞き及んだ怪談としてのベアト。
肖像画と碑文としてのベアト。
実在するかもと探った者に対するベアト。
ベアトリーチェの話を聞いた者達が想像するだけ存在するベアト。

故に無限の魔女。

ちょっとかっこいい!
これならどんなベアトも同居できます。
つまり無限の魔女は無限の存在って事になります。
バトラに問いかけた『私はだぁれ?』の答えも、バトラにとっての解がバトラの真実であり
それはマリアや金蔵にとってのベアトと違ってもかまわない。
魔法も同解釈です。


○私はだぁれ?
ではこの路線でバトラに問いかけられた『私はだぁれ?』とはなにか?
漠然と考えると、バトラの実の母とか島を支配してる法であるとか色々考えちゃうので
作中からキーワードを拾ってきました。

『愛がなければ見えない』

『愛が無ければ聞こえない』

このフレーズが繰り返し登場します。
作中に恋愛や親子・兄弟の愛憎劇が頻繁に登場します。
なら答えは『愛』なのか?
しかしそれだと『これから私がバトラを殺す』の部分がイミフです。
北斗の拳っぽく『愛ゆえに・・・』って展開もアリかも知れませんが。
ですがはずかしいからこんなの答えとして認めません。
もう少し掘り下げて見ます。

そもそもバトラにとってのベアトは、なぜ魔女や魔法を信じ込ませようとするのか?
ベアトの言によれば、その目的は魔女がそこにいると認め信じる事で存在できるからだと言う。
なぜ信じさせたいのか?
バトラが信じたがってるからではないのか?
バトラにとって都合の良いものなのではないか?
つまりバトラは殺人者の1人であり、現実を直視する事ができない。
その真実を知ってしまうと生き残ったバトラが失踪してしまうようなもの。
バトラにとってベアトは優しい存在。

愛がなければ見えないとは、つまり見る角度の話。
登場人物の立場それぞれにより見方はかわってくるもの。
そしてうみねこの鳴く頃にというお話は、随所にその考え方を挿入してきていると思います。
これこそがうみねこの鍵なんだと思います。
バトラにとってはバトラが見たくない真実を隠す自身の幻影かもしれない。
その表現のしかたは真実であるとか、逆にそれを隠す存在であるとか見方によって変わります。
そういったものが答えなのではないでしょうか。
真実を知ったバトラは自殺する=ベアトがバトラを殺すに繋がるのではないでしょうか。

エンジェにとっての(ある意味バトラにとっても)ベアトとはメモ。
彼女の推理を阻害する存在、シュレンディカーの猫さんです。
ついでですが、金蔵の指輪を受け取った人物がリアルに存在しているベアトなら、ベアト=金蔵と捕らえる人がいるかもね。

PR
うみねこがなく頃にの推理というか、妄想というか。
とにかく解がでるまでになにか書いておこうと思いまして。
大きな論点は2つ。

視点統一『えんじぇ☆わーるど』

ベアトリーチェの謎追求『複数のベアトリーチェ』

後は結論がでないまでも、思ったことをちらほら。


○視点:エンジェの世界
うみねこは誰の視点なら信用できるのか?
信用できないとしても、どの視点から見ている物語なのだろうか?
みたいなアレコレ

・まずはバトラ以外の視点から。
検証する必要もないくらい信用できないので、バトラが言う赤字以外は信用できねぇと同じスタンスをとる。
そこで何かが起こった事は事実なのだろうが、赤いバラを青いタンポポがあったと証言してるようなもので
そこになんらかしらの花があったという程度しかわからないし、実際には花なんてなかったと疑ってしまう事につながる。
なので全面的に信用しない。

・唯一信憑性がありそうな、バトラ視点はどうか。
信用するなら一人称視点だよね~。
バトラは書斎にて金蔵とベアトがチェスを指してる場面を目撃。
金蔵はEP開始以前に死亡しており、バトラ視点にも疑問符がついてしまう。
金蔵という存在を引き継ぐ何者かとの遭遇、もしくは死体との遭遇であったとしても
事実を捻じ曲げて表現している事にはかわらない。
このシーンのラストには、バトラ1人を残し元のままの静かな、そこで宴があったことなど嘘だったかのような描写がある。
なにがしかの痕跡や情報をバトラが掴んだのかもしれないし、誰かと会話したのかもしれない。
実際にはベアト1人だけがいてソレと会話し、金蔵はベアトの魔法的表現かもしれない。
事実はどうあれ、この場面から信用に足りる情報とはバトラが書斎に行ったという事のみ。
幻想世界以外で、ソレとわからない幻想を見るのはちょっと。

・ではこのまるで真実が見えない不安定な世界はいったい誰の視点なのだろうか。
以下推察。

事件当日以前にメッセージボトルが流されており、瓶の中にはそれぞれ違った解釈で事件を綴ったメモがある。
この点に着目したい。
各EPがそれぞれ異なった犠牲者の順番と状況、異なった結末があるのはなぜか。
まるで事件当日にいなかった第三者が、このメモを頼りに事件を再構築しているように見えないだろうか。
エンジェがメモ、遺留品、警察の証拠、マリアの日記等から六軒島に居合わせた人物を駒として
真相解明のために事件を紐解いているのではないか。
なぜエンジェなのかは、メッセージボトルをの内容を知る事が出来るのは限られていて、エヴァが死亡した場合でもエンジェは読めるから。

そしてその真相の象徴、もしくは真実を隠すモノがエンジェの脳内のベアトリーチェなのではないか。
ひぐらしでは似たような世界を繰り返す事ができる羽入の存在がいた。
うみねこはそういった輪廻ではなく、メモ等から推察するだけの不確定な世界、シュレンディカーの猫の世界ではないか。
うみねこにおける『かけら』とは複数のメモのこと。
それぞれが違ったストーリーを持つが故に、各EPで内容が変わるのではないか。
各EPに共通して起こる『マリアがバラに括り付けた飴の包装紙』等はマリアの日記に書かれた事ではないか。

推理バトルはエンジェの脳内でバトラを主人公として起こってることではないか。
脳内で真相を解明していく過程が推理バトルという表現だとすると
エンドロールで行方不明が多いバトラがなんらかの手段で生き残り、バトラが上記のエンジェの役割を果たしているのではとも考えた。
だが彼の視点に立つと、当初エンジェの事をあまり気にかけなかったバトラの脳内に突如12年後のエンジェが登場する事はおかしい。
エンジェが登場して妹を気にかけろと訴える事がなければエンジェのことを気にかけるとは思えないので却下。
(だとすると、エンジェの脳内でピンチなバトラに自分を登場させて奮起させるってシチュは
かなりこう・・・)


ほぼ根拠のないただの想像ですし、もっと重要なうみねこの謎自体の解明には触れてません。
なぜこのような事件が起こったか、それはさっぱーりです。
この妄想の根源は、六軒島に直接関係無いエンジェの登場が不可解と感じた事から出てきました。
あれだけ長いパートとって事件と関係ないのにまるで主人公じゃねーか・・・アレ、まてよ?ってな感じ。
それと12年後の未来から過去を観測できるのは、エンジェ・ベアトリーチェだけであると諭すベルンカステルのセリフ。
時間軸の異なるバトラ・エンジェの双方が同じ魔女や魔法を認識してる事への疑問もありました。

またエンジェの想像のお話とすると、キリエとバトラの関係の矛盾(嫉妬関係)等もエンジェの脳内世界だから
問題ないと言える事も出来ます。
まぁそんな事はないと思いますが。

はずれてたら、これを元ネタにしてなんか書くか。

tani.jpg





taki3.jpg










両方とも模写です。
滝フェチなんです。
下のは写真ではもっと水が複雑な色合いをしてたんだけど、描けませんでした、残念。
滝は好きでも水の表現はさっぱりです。

いまさらですが、ひぐらしをやっております。
現在『解』に突入したところです。
めちゃくちゃ面白れえ。
梨花ちゃまかわいいよ梨花ちゃま。
残念なのは友人がやってた時と同期にやってれば、色々話できただろうなぁなんて。
掲示板もネタバレ満載だろうし、見れなくて悲しいです。


monteko3.jpg「貢物をよこすか、戦争か!?」みたいな








Civの無印をやってた頃、ターンの始めにモンテから宣戦布告のラッパ音
それと同時に外交画面が開き、停戦の条件に金塊を貢げと・・・
あまりの威圧外交っぷりに惚れました
恐喝にNoと言って攻められる事はあっても、その交渉をすっ飛ばして宣戦してくるとは
・・・さすがです
もちろんこの時は土下座して許してもらいました
あの猫科というか、トカゲみたいな目がもうね
憎さ余って可愛さ100倍って感じです


PC修理っていうか、マザボ交換してみたら直りました
おかげでciv三昧な毎日にまた戻っておりますが、絵もボチボチと描いております
アレですね
しばらく描いてないと、描き始めが非常につらい
つらいっていうか、進まなさにイラついて集中力がとぎれてすぐ逃避したくなりますね

あぁ、書きたい事は色々あるのになに書いていいかわからないね、ブログって

7d3deb98.jpg










やんでるん

まだあった、線画だけど

mizu.jpg








これからあちこちにちらかってる絵ファイルをまとめてDVDに退避させる作業に入ります
描き始め当初のも出てきそうで、ちょっと怖いけど消えたら悲しいもんね
~と思うんですがこんな事が
絵茶の話で、絵茶って通常より描きにくいし、保存するのもめんどいし、
人が多いと描くところないし、人がいないとさびしい・・・とあんまり好きじゃないんですが
ある日ご一緒したマイピクさんが、絵が残らないから絵茶が好きと言ってました
自分より遥かに上手い方なんですが、どういう心境なんでしょうかね
もったいないなぁ~とか思うのは、自分が気軽に落書き出来ないタイプだからでしょうか

祭りとかタイトルつけちゃってるけど、そんな描いて無いんだよね
12月末~2月にかけて2回けっこう強烈な風邪ひいてダウンし、前歯が一本差し歯だったんですが
2回目の食い物と一緒に飲み込むをやらかし、ついに根元から抜歯>ブリッジで涙目
なんやかんやで体重5kg減とかなんか色々あったようなゲームしていただけのような
なによりも、もともと絵に自信なんて無かった所へなんか打ち砕かれたようなときってあるじゃないですか
と、自分に優しくしたい時だってあるよね
自分に優しく人にも優しく、共に堕落と廃退の世界へ

kimono02.jpg










年賀状絵に描いてたつもりが七五三みたいなのでお蔵入りしかけてた奴

1ec71fdb.jpg










負陰気絵を目指して
ガサガサは某pixivのお気に入りさんを真似して見るも、まったくわからん
どうやってるんでしょうね

6e9eb860.jpg








サムネでそれっぽく見えれば・・・とか思いながら
飛行船かドラゴンでも飛ばすつもりで、そのまま忘れ去られてた奴

hadaka.jpg










HADAKA
顔が可愛くないっつーか病んでるので描き直そうと思いつつほったらかしてた絵
顔が正直1番苦手
ついでに乳首描き忘れてるね

7e94fafc.jpg










絵フォルダあさってたら昔のがでてきたので、ついで
2年前にロリの男と女の書き分けってどうやるんだよ!と半ば逆切れしながら描いてたおぼえが
いや~2年前だってのに、今と大差無く見えるのは気のせいだろうか
陰部隠れてる事だし色々と見逃して下さい

祭りもう終わり
はやっ!


パソコンがやばい
急に調子が悪くなってまったく起動しなくなってしまった
CIVやってたら突然フリーズ、以降復元しようがなにしようがまったく起動せず
奇跡的になぜか今立ち上がったので、エラーチェック、HDDチェックしてみるもなにも無し
原因がまったくわからないので、またダメになる前に12月頃描いた絵を全部うp
今年に入ってからはなんと!1枚も描いてません!!
正確には最近ポツポツ絵に戻り始めるも、完成するまえに萎えちゃうそんな日常
なんというダメっぷりでしょうね
そもそもこうなる事を懸念してブログ作ったのにね

1d44db24.jpg











bincho-007.jpg











ええ、びんちょうたんに今さらハマッテマシタ
もちろんコミックス全部持ってます
今まで強いデフォルメってかわいいなと思っても、そこまで興味なかったので描いた事無かったのですが
一気に目覚め、練習がてらに描いてました
びんちょうたんも、はちゅねも、ちゅるやさんも今ではみんな好きです

039c3bfa.jpg










これお気に入りなのでドーンと

nenga4.jpgあけましておめでとうございます










年末にciv4バニラを手に入れてしまい、今の今までほぼ4日間ぶっとおしでプレイしてしまいました
最近ゲームはMMOやっても1時間が限界、パンヤは1コースクーの姿が見れれば満足な感じだったんですが
おっそろしー程はまりました
さすが海外では麻薬と言われるゲームなだけはあります
大晦日もciv、元旦もciv、絵を描くどころか初詣もいかずに篭りっきり
蛮族の酋長と外交の席でつばを吐きあい、カエサルと戦場で殴りあい、エカテリーナの宗教勧誘をはねのけつつマリのゴンブトの宇宙船を指をくわえて眺める日々
友人のお叱りの電話でやっと現実に戻ってこれました
長時間ゲームしてたせいで、頭が麻痺してなに書いてるかいまいちわかりません
年明けからホントだめだめな私ですが、今年もよろしくおねがいします


7men.jpgどーみてもクリーチャーです
クトゥルー神話にでも出てきそうです
クリスマス絵でもなにか描くかと思い立ち、女の子サンタとローストチキンの絵でも描こうと七面鳥でググって出てきた写真の模写です
その写真のグロさと神々しさ、静謐な空気感と本当にこれが七面鳥???というパニック感に圧倒されて思わず模写
元の写真はコンテストで大賞をとられたらしくすばらしいので
転載は差し控えますが、一見の価値有りです






<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
にんじん
自己紹介:
色々とストライクゾーンが広くて困ってます
最新記事
最新TB
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI